金融商品取引法の目的・ねらい:金融商品取引法の基礎知識の金融商品取引法とは?で金融商品取引法の目的・ねらいを解説!


金融商品取引法の基礎知識トップページ>カテゴリ:金融商品取引法とは? >金融商品取引法の目的・ねらい

金融商品取引法の目的・ねらい5

金融庁のホームページ(http://www.fsa.go.jp/)には、この金融商品取引法の目的について次のように書かれています。

1.法改正の目的
金融・資本市場をとりまく環境の変化に対応し、投資者保護のための横断的法制を整備することで、利用者保護ルールの徹底と利用者利便の向上、「貯蓄から投資」に向けての市場機能の確保及び金融・資本市場の国際化への対応を図るため

「証券取引法等の一部を改正する法律」概要△茲螳用しています。
 http://www.fsa.go.jp/common/diet/164/02/gaiyou/index.html


証券市場を健全に発展させるには、不公正な取引手法の排除が不可欠となります。元本割れリスクのある金融商品の勧誘や契約時の規制を強化し、投資家保護を厚くするのが金融商品取引法の目的です。法の抜け穴を突くような株取引の防止策や、実態が見えにくい投資ファンドに対する規制の強化なども柱になっています。金融商品取引法により市場のルールを整備し、市場の公正さを保ち、国内だけでなく海外から信頼の確保にもしっかりとつなげて行くことが求められています。


金融商品取引法@Amazon
金融商品取引法や内部統制に関する本などを購入するなら
金融商品取引法@Amazon
今何が売れているか分かります
金融商品取引法の基礎知識
QRコード
QRコード
金融商品取引法